ウォーターサーバーのお手軽さに感動!

水は、人間誰もが毎日必要としています。私も毎日、決まった量の水を飲んでいます。水は沢山あっても困るものではないと思います。毎日1、5リットル〜2リットルの水を飲むと良いと耳にします。しかしこの水を実際に毎日買って飲もうと思うと、意外と大変で気づかないうちにお金も使っています。そこでオススメしたいのがウォーターサーバーです。最近、サーバーレンタル代は無料であったりと、是非設置してみたいと思えるようなお手軽な条件もあります。気になっている人は是非一度、無料でお試し出来る会社で試してみてもらいたいと思います。実際にウォーターサーバーの何が魅力であるのか、簡単にまとめてみたいと思います。

水をわざわざ買って帰るのは意外と重労働

水というのは毎日必要なものですが、その割に意外と重いですよね。私も一人暮らしで徒歩でスーパーまで水を買いに行くような生活だったのですが、だんだんそれが面倒になってきました。そこで目をつけたのがウォーターサーバーです。契約してしまえば宅配業者が自宅まで持ってきてくれるので、自分で外まで重い水を買いに行く必要はなくなり、買い物のストレスが軽減されました。

コスパの良さ

ウォーターサーバーの過去のイメージとして、お金がかかるのではないかというものがありました。実際に検索して、水の値段を見比べてみて頂きたいのですが、実は普通にスーパーやコンビニで水を購入するよりも低価格で水が飲めます。驚きます。

お湯が使いたいとき

私はお湯を使いたいとき、ケトルでわざわざ水を湧かしていました。しかしウォーターサーバーには、水も使えてお湯も使えるという利点があります。ペットボトルの水であれば、冷蔵庫での保存、もしくは常温で、、、という範囲での温度調節しか出来ません。ウォーターサーバーがあれば、自分の飲みたい温度に即座に調節して水を飲めるということです。その日の気温、室温、そして飲みたい水の温度は日によって異なります。自分の好きな温度に調節出来るのは大きなメリットと言えるでしょう。

安全な水を飲む意外にも使える

水を直接飲みたい時以外にも、料理や赤ちゃんのミルクなどにも使えます。私は日頃普通の水道水を使っていましたが、やはり安全な水を使った料理だと安心感が違います。ウォーターサーバーが自宅に一つ置いてあるだけで、日々の生活はとてもスムーズになるでしょう。水を飲みたいときに、手元にない、、、なんて事に悩まされることもありません。是非一度試してみてください。

赤ちゃん家庭の時間短縮にウォーターサーバー

ウォーターサーバーの検討きっかけ

ウォーターサーバーはなんとなく贅沢品のような気がして使ったことはありませんでした。自宅にはありませんでしたが、以前に務めていた会社では各階ごとに使われていて、お水もお湯も出るタイプのため夏は冷たいお水。

冬はインスタントのコーヒーや紅茶など思い思いに使用していました。水の取り替えとウォーターサーバーの掃除が女性の仕事になっていたので、便利さに気が付かずに少々手入れが面倒だなあ位に思っていたほどでした。ところが、赤ちゃんが産まれてから変わりました。衛生的で安全なお水を使いたくて、利用しはじめました。

実際に使ってみた感想

お水がなくなってから交換するのが面倒だと思っていたのですが、業者の方が交換してくれますし、会社とはお水の使用料がちがうために交換の頻度も思っていたほど多くなく、その煩わしさは感じませんでした。赤ちゃんがいる散らかった部屋に頻繁に人を入れたくなかったので、よかったです。

また、ミルクの際にも、ポットでお湯を温めておくものを使おうかと思っていましたがお湯も出るタイプのため、衛生的で赤ちゃんをあまり待たせるなくすぐに使えるのもよかったです。新生児の頃などは3時間ごとにミルクを欲しがったりしていたのですが、その都度白湯を作っていると、泣く時間が増えて赤ちゃんも疲れてしまっていたのではないかなと思います。

また、肌が弱くオムツかぶれをしやすいのですが、タオルにお湯とお水を両方使って、冷たくない程度の濡れタオルを作っておしりを拭いたりにも使っていました。贅沢な使い方だとは思いましたが、あせも対策にもなり、何よりすぐにちょうどいい温度の衛生的な濡れタオルができるのがよかったです。お金より時間と赤ちゃんの肌を優先してよかったと思います。また、大人も使ってみてとても便利でした。

ちょっとコーヒーを飲みたい時にも、お湯から沸かしているとどうしても時間がかかってしまいます。電気ポットを使うと早いのですが、ポットを洗う時間も必要になりますし。赤ちゃんが寝ている間など、ちょっとした隙に一息つきやすかったです。衛生的な水という事ももちろんですが、とにかく時間の短縮になった事が一番うれしかったです。

赤ちゃんがいるため気をつけた事

お水もお湯も両方でるため、子どもがつかまり歩きを初めた頃にウォーターサーバーを柵で囲みました。なにかのきっかけでお湯を出してしまうと怖いと思ったからです。それだけ気をつけましたが、後は問題ありませんでした。

Copyright(c) 2011 質の良いウォーターサーバーの選び方 All Rights Reserved.